首页 > 短刀 Tanto > 短刀:靖武作(無鑑査刀匠)
短刀:靖武作(無鑑査刀匠)
本价格为日本直销价,未含其他费用,详情请咨询。

直销价

350000日

已有0人评价 已售0件

ご注文番号:17394

短刀:白鞘入り

銘:靖武作(無鑑査刀匠)

花押                                   

鞘書:花押 靖武作 刃長八寸九分余有之 花押

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております

本作の出来は靖武としては上々作にランクされる作品です。

上研磨済み

はばき:金着一重

刃長:27.0センチ

反り:0.0センチ

目釘穴1:個

元幅:2.68センチ

重ね:0.62センチ

時代:昭和

体配:身幅が広く重ね厚く表に力強い棒樋を

彫り裏には護摩箸の先端が繋がった珍しい彫りをほどこす。

地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き綺麗な地金となる。

刃紋:錵出来互の目乱れ、刃中に砂流、長い金筋が盛んに働く

特徴:靖武は明治四十二年(1909)に山形県で生まれた刀匠。

水心子正秀系、池田一光の門。昭和十年(1935)に

日本刀鍛練会に入会した所謂靖国刀匠の一人として知られる。

昭和十九年(1944)十一月に刀匠銘靖武を授名するが、間もなく終戦となり、

日本刀鍛練会での作刀はわずか約三十振と少ない。

終戦後は昭和二十九年(1954)に美術刀剣製作の認可を受け、

靖国刀匠の中で最も早く作刀を再開した。

昭和四十五年(1970)に靖国神社百年祭に

同じくかつての靖国刀匠であった酒井寛と合作の短刀を奉納。

昭和四十八年(1973)には伊勢神宮式年遷宮御料太刀を製作。

昭和五十六年に無鑑査刀匠に認定された。昭和五十八年(1983)に没した。

葵美術より一言:靖武は無鑑査刀匠として数多くの名作を制作した。

短刀の制作は極めて少なく珍品と云えます。  

これは戦後刀匠の制作本数が年間限られていた事が原因で

刀匠は刀や太刀の制作を行った。短刀も規定された

制作本数に一振りと入るので割があわないという事かも知れません。   

本作は清麿を写した傑作で特に刃中の砂流、金筋は激しく景色の多い作品です。

珍しい相州伝の清麿写しの作品で表裏に彫られた樋は力強く見事です。

保証:保存刀剣鑑定書

葵美術正真鑑定書:全身押し形

価格:350,000円(消費税、送料共)




编号:17394

短刀:白鞘入

刀铭:靖武作(无监察刀匠)

花押                                   

鞘书:花押 靖武作 刃長八寸九分余有之 花押

刀鋤材质:金着一重

刃长:27.0cm

反:0.0cm

目钉穴:1个

元幅:2.68cm

元重:0.62cm

时代:昭和

体配:身幅宽、元重厚,表雕刻棒樋,里雕刻护摩箸。

地铁:小板目肌,地沸附,形成绮丽的地金。

刃文:沸出来互目乱,刃中砂流、长金筋盛动。

介绍:靖武是生于明治42年(1909)的山形县刀匠。水心子正秀一派、池田一光门下弟子,昭和10年(1935)进入日本刀锻炼会,成为一名靖国刀匠。

昭和19年(1944)11月被授铭刀匠铭:靖武,但是由于不久之后就终战了,因此在日本刀锻炼会中作刀数量仅有三十口左右

终战后的昭和29年(1954)被认可锻造美术刀剑,是靖国刀匠中最早重新开始锻刀的人。

昭和45年(1970)在靖国神社百年祭上与同是靖国刀匠的酒井宽合作锻造奉纳短刀。

昭和48年(1973)为伊势神宫锻造御用太刀。

昭和五56年被认定为是无监察刀匠,逝世于昭和58年(1983)。

保证:保存刀剑鉴定书

葵美术评价鉴定书:全身押形

商品售价:350,000円

 


商品名称:短刀:靖武作(無鑑査刀匠)

商品价格:350000日

100%

好评率

共0人评论

好评(100%)
中评(0%)
差评(0%)
买家印象:
您可对已购商品进行评价
发评价拿铜板
暂时还没有任何用户评论

发表评论

用户名: 匿名用户
E-mail:
评价等级:
评论内容:
验证码: captcha

在线咨询